山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2017年5月5日(金) 2回船橋5日目 16:40発走
11R 第29回 かしわ記念(Jpn1)(指定交流)4上オープン
ダート 左1600m サラブレッド系4才以上 定量
本賞金: 6,000万円 2,100万円 1,200万円 600万円 300万円
最終更新日時:5月5日()16:18

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 1 1 コパノリッキー 牡7 57.0 武豊 3.2
2 2 2 インカンテーション 牡7 57.0 岩田康誠 6.9
3 3 3 モーニン 牡5 57.0 C.ルメー 5.3
4 7 7 ベストウォーリア 牡7 57.0 戸崎圭太 2.5
5 7 8 ブラゾンドゥリス 牡5 57.0 内田博幸 5.4
6 8 9 リッカルド セ6 57.0 大野拓弥 67.2
7 6 6 オメガスカイツリー セ9 57.0 真島大輔 183.0
8 4 4 ミッキーヘネシー 牡8 57.0 小杉亮 430.5
9 5 5 タッチデュール 牝8 55.0 山下雅之 484.8
10 8 10 デュアルスウォード 牡9 57.0 小林拓未 658.0

コメント

 かしわ記念は、もともとG1勝ちの実績がある前走フェブラリーSの逃げ、先行勢が優勢のレース。これはフェブラリーSが前がきつい流れになることが多いのに対して、かしわ記念はそれほどテンが速い馬が出走していないことが多く、前が残りやすいからです。今年のフェブラリーSも前半4F46秒2-後半4F48秒9のオーバーペースでした。

 よって、◎には、昨年のフェブラリーSの勝ち馬であり、昨秋の始動戦・日本テレビ盃では、逃げてアウォーディとタイム差なしの2着に粘った(3)モーニンを推します。日本テレビ盃でこの馬がマークしたPP指数は、昨年のフェブラリーSを上回るG1級のもの。前走のフェブラリーではコパノリッキーを突くように押っつけて出して行き、直線では包まれて12着に凡退しました。つまり、序盤でオーバーペースを追い駆けたことが敗因。前走で厳しい流れを経験したことで、今回で巻き返して来る可能性が高いと見ました。

 ○は、昨年のこのレースの勝ち馬で、続く帝王賞、マイルCS南部杯も制した(1)コパノリッキー。マイルCS南部杯以降は不甲斐ない成績が続いていますが、前走フェブラリーSで厳しい流れを経験したことで、今回での巻き返しの可能性が高まりました。ただ、この馬は出負け癖のある先行馬。1番枠だと出負けした場合のリスクがあるので狙い下げました。

 ▲は、昨年のこのレースの3着馬で、それ以降のダートグレードでは全て3着以内の(7)ベストウォーリア。前走のフェブラリーSは、ハイペースの内々、中団を立ち回った結果の2着。展開に恵まれた部分も大きいですが、総合力が高く、崩れぬ強みがあるので警戒しました。

 以下特注馬として、アンタレスS、黒船賞と目下2連勝中の上り馬(8)ブラゾンドゥリス。上り馬が容易に通用しないレースですが、モーニンやコパノリッキーなどの実力馬が復活しきらない場合には出番があるでしょう。

 あとは△に前々走のフェブラリーSでオーバーペースで逃げたことが前走マーチS勝ちへと繋がった(2)インカンテ―ション。前走は起爆剤を打って走らせたようなものなので、今回での上積み「?」ですが、強豪相手の一昨年の平安Sを勝利するなど、印上位馬に見劣らない能力の持ち主なので、ここは押さえます。

勝負予想

通常予想

買い目

馬連 通常 01 - 03 2,500円
馬連 通常 03 - 07 1,500円
馬連 通常 03 - 08 500円
馬連 通常 02 - 03 500円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
2ナイス