山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2017年5月3日(水) 3回名古屋2日目 16:10発走
11R 第19回 かきつばた記念(Jpn3)(指定交流)オープン
ダート 右1400m サラブレッド系4才以上 ハンデ
本賞金: 2,100万円 504万円 252万円 168万円 126万円
最終更新日時:5月3日()11:53

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 2 2 トウケイタイガー 牡6 52.0 川原正一 4.9
2 7 9 タムロミラクル 牡5 55.0 川田将雅 8.7
3 5 6 ショコラブラン 牡5 56.0 M.デムー 2.0
4 4 4 タイニーダンサー 牝4 53.0 内田博幸 11.9
5 8 12 ラブバレット 牡6 53.0 山本聡哉 13.1
6 6 7 レーザーバレット 牡9 58.0 戸崎圭太 6.5
7 1 1 ドリームキラリ 牡5 56.5 黛弘人 9.2
8 8 11 ケイリンボス 牡6 51.0 吉井友彦 181.3
9 3 3 マルカンパンサー 牝8 51.0 岡部誠 278.8
10 5 5 メモリージルバ 牡8 51.0 友森翔太 417.0
11 6 8 カツゲキライデン 牡6 51.0 木之前葵 229.1
12 7 10 ワンダフルタイム 牝6 51.0 宇都英樹 273.1

コメント

 名古屋は地方競馬でも随一の小回りコースのため、非常に逃げ切りが決まりやすいコースです。名古屋は小回りの上に砂厚がほぼフラットのため、各馬がなるべくコーナーの内々を回ろうとするので、さらにコーナーワークがきつくなります。よって、前に行けない馬はコーナーの外々を追い上げる形になるため、内々を立ち回れる逃げ、先行馬が圧倒的に有利。

 特にこのレースでの逃げ馬の活躍は出色。逃げ馬は一昨年の勝ち馬コーリンベリーのように、基礎スピードが違う一面もありますが、それでも過去10年で逃げ馬の優勝4回、2着1回、3着2回の成績はとても優秀です。また、逃げて連対した5頭は、全て4番枠以内でした。今回で逃げると思われる馬が4番枠以内に入った場合には、無条件に買い目に加えるくらいのスタンスで挑んでもいいでしょう。

 そこで今回の◎には強豪相手の前々走ボルックSを逃げ切り勝ちした(1)ドリームキラリを推します。休養明けの前走・名古屋大賞典は、内枠のケイティブレイブに行き切られてしまって能力を出し切れずの6着に凡退しました。逃げてこそのタイプが負けるときはそういうもの。敗戦自体は全く気にしていません。

 この馬は今回1番枠。テンが速くて斤量52圓離肇Ε吋ぅ織ぅーが2番枠に入ってしまった点がネックですが、ハナダッシュの成功すれば、勝ち負けになるはず。ハナダッシュに成功する確率は5〜6割程度ですが、不当に人気のない今回は成功の可能性に賭けました。

 〇は、3ヵ月の休養明けになりますが、強豪相手の兵庫GTで速い流れを先行して4着の(12)ラブパレット。今回は自由度の高い大外枠に入り、楽に逃げ馬の直後を狙って行けるメンバー構成。一番展開に恵まれる可能性が高いだけに対抗評価としました。

 ▲は、前走の東海桜花賞を逃げて圧勝の(2)トウケイタイガー。前走で名古屋大賞典の3着を始め、ダートグレードでも上位常連のカツゲキキトキトを撃破したことでに現時点で1番人気に支持されています。しかし、カツゲキキトキト自体が中距離馬で、短距離戦ではテンが遅く、ひと息なのも確か。

 また、東海桜花賞は1400mにして前半3F37秒4-後半3F37秒2のスローペース。トウケイタイガーが自分のペースで逃げられたのも好走要因のはず。確かにトウケイタイガーは今回のメンバーでも通用する能力の持ち主ですが、前走で能力を出し切った後の一戦となると、3番手評価が妥当なところでしょう。

 以下特注馬として、昨秋のオーバルスプリントを勝利した(7)レーザーバレット。この馬は1400mのダートグレードで3勝を上げているように、この距離がベスト。ただ、休養明けの前走・東京スプリントではある程度能力を出し切っており、今回での大幅な上積み「?」。

 また、昨年と同じ7番枠で前を意識した競馬をすれば終いが甘くなり、差す競馬だと距離損が多くなるので、どのみち昨年同様に中途半端な着順で終わる可能性が高いと見ています。逆に後方からの競馬で、前がしっかりとペースを上げてくれればチャンスがあるでしょう。

 △に3歳春以来の短距離戦になりますが、この距離で一考したい(4)タイニーダンサー。この馬はデビューから関東オークスを目標にどんどん長い距離を使われてきましたが、もともとは2歳時のエーデルワイス賞勝ちを始め、短い距離で結果を出して来た馬。距離が短くなることがプラスに出る可能性もあるので警戒が必要です。

 あとは昨秋の平城京Sでは、ダートグレードで上位のモズライジンを撃破し、今年初めのボルックスSでは◎ドリームキラリと0.3秒差(3着)の(9)タムロミラクル。前走1800m戦で追い込み競馬をした後の一戦となると、1400m戦の今回ではテンに置かれてしまう可能性も十分。しかし、能力が足りない馬ではないので買い目に加えました。

 他では春風S、京葉Sと目下2連勝の(6)ショコラブラン。確かにこの馬の勢いはメンバー中でナンバー1のものがありますが、近2走とも前崩れの流れに恵まれての勝利だったのも確か。一転して、今回が前有利の流れとなると…。個人的に勢い以外に買い材料がなく、人気馬の中で一番危ういのは、この馬と見ています。押さえ程度の評価で十分でしょう。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 01 2,600円
馬連 通常 01 - 12 400円
馬連 通常 01 - 02 400円
馬連 通常 01 - 07 400円
馬連 通常 01 - 04 400円
馬連 通常 01 - 06 400円
馬連 通常 01 - 09 400円

合計金額

購入:5,000円  払戻:0円  収支:-5,000円

この予想は?

 
2ナイス