山崎エリカ

  • 最新の予想を見る
2016年9月19日(月) 10回大井1日目 16:30発走
11R 第13回 レディスプレリュード競走(Jpn2)3上牝馬選定馬重賞
ダート・外 右1800m サラブレッド系3才以上 別定
本賞金: 3,100万円 1,085万円 620万円 310万円 155万円
最終更新日時:9月19日()15:51

必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)  500G   (一般会員) 1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 3 3 タマノブリュネット 牝4 55.0 田邊裕信 12.4
2 5 8 トーコーヴィーナス 牝4 55.0 大山真吾 160.9
2 7 11 ホワイトフーガ 牝4 57.0 蛯名正義 1.3
4 3 4 ララベル 牝4 55.0 真島大輔 20.1
5 6 10 ブルーチッパー 牝6 55.0 森泰斗 16.7
6 1 1 フォローハート 牝5 55.0 幸英明 30.9
7 6 9 タイニーダンサー 牝3 54.0 内田博幸 10.4
8 5 7 ミスアバンセ 牝4 55.0 石崎隆之 493.9
9 4 6 ユッコ 牝4 55.0 高松亮 240.4
10 2 2 ディアマルコ 牝3 53.0 佐原秀泰 223.6
11 8 13 サンソヴール 牝5 55.0 戸崎圭太 6.9
12 8 14 ジュエルクイーン 牝4 55.0 服部茂史 305.5
13 7 12 ケイティバローズ 牝6 55.0 吉原寛人 56.5
14 4 5 ヒットザトレイル 牝6 55.0 瀧川寿希 414.1

コメント

 昨年のJBCレディスクラシックの勝ち馬ホワイトフーガは、前走のスパーキングレディカップで勝利はしましたが、ブルーチッパーに2馬身差まで迫られたあたりに、勢いという意味でやや不安が残る一戦でした。しかも、今回はノド鳴りによる休養明けになります。(ただし、ノド鳴りには軽度と重度があって、ホワイトフーガは内視鏡検査をクリアしているようなので軽度) しかも、断然の1番人気馬となると、狙いづらいというのが本音。

 よって、◎には昨年のレパードSの3着馬で、近走の勢いもある(3)タマノブリュネットを推します。今年のTCK女王盃で3着までという実績面から、ここで勝つまでは厳しいかもしれませんが、2着、3着ならば十分あるでしょう。

 〇は、メンバー中で一番の実績馬(11)ホワイトフーガ。昨年、このレースで先着を許したサンビスタやトロワボヌールも、今年のブリーダーズGCを圧勝したアムールブリエも不出走となると相手が楽。メンバーを考えれば、ここであっさりと勝っても不思議ないでしょう。

 ▲は、今年の関東オークスの勝ち馬(9)タイニーダンサー。前走ではアムールブリエに7馬身差も突き放されましたが、勝ったアムールブリエがすごく強かっただけ。現次点ではJRAの1000万下強のレベルの馬ですが、3歳馬の成長力で突破する可能性も十分あります。

 以下特注馬として、今年は交流重賞のマリーンC、スパーキングレディカップでともに2着の(10)ブルーチッパー。前走のスパーキングサマーカップでもハイラップで逃げて勝利しました。実績や順調さを考えれば、評価を落とせない1頭です。

 あとは△に新興勢力の(1)フォローハート。5走前に1600万下を勝利しているように実績面での不安はありませんが、休養明けの前走・阿蘇Sがそこまでペースが速かったわけでもないのに4コーナーで一気に後退したあたりに、本当に良くなるのはまだ先と見て狙い下げました。

 他では東京シンデレラマイルでは、特注馬ブルーチッパーと一騎打ちを演じた(4)ララベル。つまり、能力面ではブルーチッパーとそれほど変わらないものがあります。今回は4月のしらさぎ賞以来の休養明けの一戦となりますが、昨秋からの上昇度を警戒して押さえます。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 03 2,500円 03 190円 的中!
馬連 通常 03 - 11 1,000円 03-11 360円 的中!
馬連 通常 03 - 09 600円
馬連 通常 03 - 10 500円
馬連 通常 01 - 03 200円
馬連 通常 03 - 04 200円

合計金額

購入:5,000円  払戻:8,350円  収支:3,350円

この予想は?

 
11ナイス